「仕事は自然と来るようになった」月収数十万円・大学生プログラマー山内楓弥はこうして生まれた




僕たちはいつか「就活」をして「就職」をして真っ当に「働く」

今までなんの疑問も持たずそう考えていました。

 

しかし、少し辺りを見渡すと「就活」せずに自分の道を歩いている人がちらほらといることに気が付きました。

「おいおいそんな生き方あったのかよ」と。

そう思った僕は、彼・彼女らに話を聞いてみることにしました。

 

「就活」せずに自分の道を歩きはじめた人たちの物語…


2020年に小学校教育で必修化されることや、令和時代の必須スキルだなんて言われることから注目を集め始めて久しいプログラミング

現在愛媛大学3年生(休学中)の山内楓弥さんは、中学生の頃からプログラミングをはじめ、高校生の頃にはそのスキルを活かし収入を得ていたそう。

今回はそんなふうやくんに、彼の今後の進路プログラミングを始めたわけなど色々な話を聞きました。

「プログラミングってやっぱりできたら稼げるの?」

というゲスの勘ぐりから始まった今回のインタビューでしたが、終わる頃には目の前のこと頑張ろうという気持ちになっていました。

ぜひ最後までお付き合いください。

前編:「マーケティングを学ぶためにやったことは一つだけ」月収数十万円・大学生プログラマー山内楓弥はこうして生まれた




高校生が仕事を得るまで

左がふうやくん、右が大希ちです。

大希ち

どうやって高校生が仕事をゲットしていったん?


ふうや

Twitter見てたら、「こういうのに困ってます〜」みたいなのが時々流れてくるんですよね。

それに対して「こうしたらできますよ」っていうのをコードを書いて送ってたんです。

求められているものをすぐに作るこの姿勢、勉強になります

ふうや

最初は無料でそういうのをやってたんですけど、高校2年生の終わりくらいの時に、「いやいやお金払うよ」っていってもらって。


大希ち

なるほどなぁ。


ふうや

それで高校3年生になってからは、もうどんどん仕事の依頼が来るようになっていましたね。

仕事来るようになりましたね〜

大希ち

なんかそのまま“高卒でフリーでやっていく”っていう選択肢もなきにしもあらずな雰囲気を感じるんやけど、なんで地元の愛媛大学に進学したん?


ふうや

僕自身はそれもありかなと思っていたんですけど。


大希ち

けど…?


ふうや

親が「絶対に大学に行きなさい」、それと「愛媛に留まりなさい」と…


大希ち

親の愛ゆえやな…大学生活はどう?


ふうや

本当に正直にいうと、大学の必修科目の専門分野が中高で独学で勉強していたことばっかりで、復習してるだけで正直つまらなくて。

共通教育の方はまだ初めて習うこともあるので、面白いんですけど。


大希ち

なるほどなぁ。


ふうや

なので、2年生になってから、大学行ってないんですよね。


大希ち

おいぃぃ〜

親の気持ちを考えてなんとも言えない表情になっている様子

ふうや

家でる時には「学校行ってきます」って言って、実はマツヤマンスペース直行して作業してて、夕方何事もなかったかのように家に帰るっていう。

マツヤマンスペース…松山市駅近くにあるコワーキングスペースです。今回の取材でも使用させていただきました!


大希ち

リストラされたサラリーマンやん。

イメージ画像

ふうや

まぁ親も気づいてはいると思うんですけど、それでも行きなさいって言って学費を払ってくれるんですよ…


大希ち

うぅ親心やで…

親の気持ちを考えてなんとも言えない表情になっている様子

ふうや

僕的には以前作った製品の売却がまとまったらお金が結構入ってくるので、大学入ってからの学費を全部親に返して、東京の会社の役員で誘われてるところがあるので、行こうかなと思ってます。

なんとなくですが同部屋にあった木の画像を貼っておきます

僕は社長には向いてない

大希ち

中学1年生の時にプログラミングにはまって、それまで大好きだったゲームを辞めたわけやん。なんで、これまでプログラミングには飽きてないんやろ?


ふうや

ん〜ラスボスがいないからですかね。


大希ち

とは?


ふうや

プログラミングには日々新しい技術が生まれていくので、終わりがないんですよね。それが楽しい。


大希ち

なんかそういう新しいものに挑戦をしとる時が楽しいんや。


ふうや

そうですね。知らないこととかやったことのないことをやりたいっていう。

新しいことに挑戦し続けたい

大希ち

大学に入って、単価の高い仕事ももらえるようになったわけやん?


ふうや

そうですね。月60万くらい稼げてましたからね。


大希ち

それやと、自分で会社やるとかフリーのままとか色々選択肢があったと思うんやけど、その中でも今回の東京の会社で働くっていう選択をしたわけを知りたい。


ふうや

自分で会社をやろうかなとも考えたんですけど、以前自分を見つめ直した時に、社長は向いてないなって気づいたんですよね。


大希ち

なんで?


ふうや

僕、プログラミングとかマーケティングが好きなので、それだけでいいんですよね。

経理とか投資家の人とのやりとりとか、社長になるとやらないといけないことが増えるなと。

 

大希ち

なるほどね。やらないといけないことを増やすよりも、やりたいことに集中できる環境が欲しかったんや。



好きなことをやり続けたい

大希ち

ということはさ、プログラミングとかマーケティングを今のようにやり続けれられれば幸せってこと?


ふうや

思ってますね。でも。


大希ち

でも?


ふうや

人によってやりたいことが見つかるタイミングっていうのは本当にそれぞれだと思っていて、僕はたまたま早めにプログラミングに出会えただけで。

なので、今後また違う好きなことが見つかるのかもなっていうのを思ったりもします。


大希ち

なるほどね。


ふうや

この8年間で培ってきたものが一気に覆されることもあんまりないのかなとも思いますが。

ただ、好きなことができて、最低限生活ができればいいかなと思っています。


大希ち

好きなことをやり続けたいかぁ。


ふうや

僕が大事にしてるのは、やってみることなんですよね。

目の前にあることが好きなことかどうかはわからないけど、ひとまずはやってみる。そうすればそれが自分にとって好きなことなのか、得意なことなのかわかるじゃないですか。


今回のインタビューをこのような形にして感じることは、まだ面白い話が聞けたのではないか、という後悔だ。

彼が全国的に仕事をもらえるようになったきっかけには、ネットの中の超有名人であるイケダハヤトさんに評価されたことも関係しているだろうし。(そのエピソードはこちら

さらに彼の使っているmacは以前macbookおじさん(macを有望な若者にプレゼントするという活動)が流行った時に、タクスズキさんというこれまたネット界の有名人にプレゼントされたものだ。

そんな色々なきっかけがあり、彼はその存在感を大きくしてきたのだと思う。

いや、でもそれも全部彼の言っていた「毎日少しでも前に進みたい」という愚直な姿勢がそうさせているのかもしれない。

この文章を書いている現在、彼は東京の会社で副社長として働き始めたそうだ。その愚直な姿勢で彼はまた大きな存在になっていくのだろう。

僕もまた、目の前のことに懸命に取り組み、大きな存在になっていきたい。

Text by 高橋大希(Twitter Instagram )
Photo by 鈴木ひかり(Instagram
場所の提供:マツヤマンスペース(webサイト


今回取材させていただいた、ふうや君のSNSです。ふうや君、話を聞かせてくれてありがとう!

山内楓弥
・Facebook(山内楓弥
・ブログ(WeBlog Geek


▼今回の記事面白かった!また読みたい!そう思ってくださった方は、こちらからLINE@にご登録いただけると嬉しいです。▼