人気の記事

  1. 「金払ったら人間やるよね。」マッチョなピアニスト フォルテ君が就活せずに歩む道(中編)
    僕たちはいつか「就活」をして「就職」をして真っ当に「働く」 今までなんの疑問も持たずそう考えていました。   しかし、少し辺りを見渡すと「就活」せずに自分の道を歩いている人がち...

  2. 大学入って20キロ太って、RIZAPでマッチョに激変して、マッチョなピアニストを目指す男の物語|マッチョなピアニストフォルテ君が就活せずに歩む道(前編)
    僕たちはいつか「就活」をして「就職」をして真っ当に「働く」 今までなんの疑問も持たずそう考えていました。   しかし、少し辺りを見渡すと「就活」せずに自分の道を歩いている人...

  3. 「マッチョなピアニストとして生きると決めた。」フォルテ君が就活せずに歩む道(後編)
    僕たちはいつか「就活」をして「就職」をして真っ当に「働く」 今までなんの疑問も持たずそう考えていました。   しかし、少し辺りを見渡すと「就活」せずに自分の道を歩いている人がち...

  4. スマホを捨てて四国から屋久島へ徒歩で行って気づいたこと【半袖思考#02】
      【今回のお手紙】  白方さんのtwitterをフォローさせていただいているものです。 いつもツイート楽しく拝読させていただいております。  先日、といっても結構前のことには...

  5. 坂道グループとAKBグループは何が違うのか?|坂道グループをめっちゃ語る会レポ ver.1
    ※この記事は約6分で読めます。 こんにちは、ライターの高橋大希ち(@daikichitarou)です。 僕らは生きている中で、様々な役割を担っています。 ある時は、学生。 ...

  6. 川村元気著『仕事。』12人の巨匠のことば【感想・評判・あらすじ】
    『スラムダンク』という漫画を知っていますか? そうです。今前列から4番目の寝ている人の横の人が言っているように、数々の伝説的名言を残しているバスケットボールマンガです。 その中でも有名な場...

  7. ラグビー日本代表のアイルランド戦勝利はどのくらいすごいことなのか。
    2015年9月19日。 皆さんはこの日に起こった出来事を覚えているでしょうか?そう、この日はラグビーW杯で日本が当時世界ランキング第3位の南アフリカに、劇的な勝利を遂げた日です。 (ちなみに当...

  8. なぜ僕、高橋大希がブログ『いつか勇者をたおしたい』を始めるか。
    この世の中は色々な正義で溢れている。 すいません。自己紹介もしてないのに良く分からないことを言いました。 はじめましての人は少ないと思いますが、初めまして。 僕は今現在愛媛の大学に通っている高橋...

  9. 「仕事道楽」を読んで、仕事が道楽だと思った話
    “働く”とは、どういうことなのだろう。 ワークライフバランスだとか、ライフワークだとかライスワークなんて、『働き方』と検索しただけで、良く分からない横文字や色んな人の考えがたくさん出てくる。 ...

  10. 堕ちゆく国の落ちゆく地域のど真ん中。新卒の僕はあえてこの場所で働く
    僕・高橋大希は、2020年3月をもって小学1年生から始まったとても長かった17年間の”学生”を卒業し、4月より”社会人”になる。 思えば数年前僕は、18年間育った広島カープのファンが人口の9割を超え...

  11. 「マーケティングを学ぶためにやったことは一つだけ」月収数十万円・大学生プログラマー山内楓弥はこうして生まれた
    僕たちはいつか「就活」をして「就職」をして真っ当に「働く」 今までなんの疑問も持たずそう考えていました。   しかし、少し辺りを見渡すと「就活」せずに自分の道を歩いている人がち...

  12. 想像力を取り戻すために、半袖を着る【半袖思考#01】
      【今回のお手紙】 なぜあなたは、1年中半袖で過ごしているんですか? (いつか勇者をたおしたい人 23 男性)   こんにちは。原付で走ると肌が切れそうにな...

  13. 「普通じゃない部分を認められたから、今がある。」就活ラボGATI代表 栗原峻のミナモトとは(前編)
    あなたの周りに「なんでそんなことやってるの?」と思わず尋ねたくなるような人はいませんか?   お金になるわけでもない。 誰かに頼まれたわけでもない。 しんどいこともあ...

  14. 結成して1ヶ月、早速解散の危機!?|きりぬきな日々
    大量のみかん箱の前から、失礼します。 どうも「きりぬき|愛媛県北条のみかん屋さん」代表の鈴木です。 「きりぬき」?、どんな団体?という方は、前の記事を読んでいただければと思います。...

  15. 小説『メゾン刻の湯』の感想とあらすじー働かないアリの生きる場所ー
    『働きアリの法則』を知ってますか? そうです。実は2割のアリがさぼっているというあれです。   僕は最近とても感じることがあります。 インスタグラムを開けば、色々な人...

  16. 「“働くコト”を“幸せなコト”に」門脇幸平のミナモト(後編)
    あなたの周りに「なんでそんなことやってるの?」と思わず尋ねたくなるような人はいませんか?   お金になるわけでもない。 誰かに頼まれたわけでもない。 しんどいこともあ...

  17. 「直感で行動し、思考する」白方大海のミナモトとは(前編)
    あなたの周りに「なんでそんなことやってるの?」と思わず尋ねたくなるような人はいませんか?   お金になるわけでもない。 誰かに頼まれたわけでもない。 しんどいこともあ...

  18. 「自分ができることをやる」就活ラボGATI代表 栗原峻のミナモト(後編)
    あなたの周りに「なんでそんなことやってるの?」と思わず尋ねたくなるような人はいませんか?   お金になるわけでもない。 誰かに頼まれたわけでもない。 しんどいこともあ...

  19. 「関わった組織をみんなが好きな組織にする」篠永信一朗のミナモトとは(前編)
    あなたの周りに「なんでそんなことやってるの?」と思わず尋ねたくなるような人はいませんか?   お金になるわけでもない。 誰かに頼まれたわけでもない。 しんどいこともあ...

  20. 「背景で働く人になりたい」小泉紗奈が就活せずに歩む道(中編)
    僕たちはいつか「就活」をして「就職」をして真っ当に「働く」 今までなんの疑問も持たずそう考えていました。   しかし、少し辺りを見渡すと「就活」せずに自分の道を歩いている人がち...

  21. 「やりたいことをやり続けたい」小泉紗奈が就活せずに歩む道(後編)
    僕たちはいつか「就活」をして「就職」をして真っ当に「働く」 今までなんの疑問も持たずそう考えていました。   しかし、少し辺りを見渡すと「就活」せずに自分の道を歩いている人がち...

  22. 「仕事は自然と来るようになった」月収数十万円・大学生プログラマー山内楓弥はこうして生まれた
    僕たちはいつか「就活」をして「就職」をして真っ当に「働く」 今までなんの疑問も持たずそう考えていました。   しかし、少し辺りを見渡すと「就活」せずに自分の道を歩いている人がち...

  23. 僕には一年中半袖の友人がいる
    僕には、一年中半袖の友人がいる。 小学生のころは、一年中半袖で過ごすことがカッコイイという謎の価値観が、たしかに存在していた。 しかし、その友人は僕とほぼ同い年の22歳で、しっかりと大人だ。 も...

  24. 愛媛県の道後地区でさつまいもを大量に作っているなぞの組織があったので潜入してきた話
    みなさん愛媛県の道後地区をご存知でしょうか? 道後地区とは、有名な道後温泉 がある地区なのですが、この近くに大量のさつまいもを生産しているなぞの組織があるという風の噂を耳にしたので...

  25. 「文化部はもっと輝くべき」濱村駿介の中学時代の原点とは(中編)
    あなたの周りに「なんでそんなことやってるの?」と思わず尋ねたくなるような人はいませんか? お金になるわけでもない。 誰かに頼まれたわけでもない。 しんどいこともある。 そんな“...

  26. 「自分の近くの人の“より良い”をつくる」篠永信一朗のミナモトとは(後編)
    あなたの周りに「なんでそんなことやってるの?」と思わず尋ねたくなるような人はいませんか?   お金になるわけでもない。 誰かに頼まれたわけでもない。 しんどいこともあ...

  27. 新企画!『「就活」というレールを降りてみた』人へのインタビュー始めます
    「就活」 Google先生にこの言葉の意味を尋ねると、 「就職活動の略で、職についてないものが、企業や官公庁などに正規雇用されるための活動をさす」 と教えてくれました。 &nb...

  28. 坂道ファンになった瞬間とは?|坂道グループをめっちゃ語る会レポ ver.2
    ※この記事は約3分で読めます。 中々生きている中で、アイドルファンになるきっかけってないですよね。 もちろん、番組もあれば、お店で曲も流れているので、機会はたくさんあるはずなのですが… ...

  29. アフリカの医療の現場へ|愛媛大学 玉井葉菜
    現在、世界には約196の国がある。 僕たちにとってそのほとんどが遠くのよく知らない国で、そこに住んでいる人たちは遠くに住んでいるよく知らない人達だ。僕たちは知らないままでいいのかもしれない。だって僕...

  30. 『理系に学ぶ。』を読んで、僕達の世界は高校2年で分断されていたことに気づいた
    高校2年生の時に突然現れて僕らの世界を分断したものといえば、皆さんある程度予想できるのではないだろうか。 高校1年生の時の半ばごろに希望を取らされ、高校2年生で決定されるもの、そう『文理選択』で...