polcaで奨学金とは?ー若者へ学びを届けるムーブメントー




以前ある大学の元教授の人にこんな質問をされました。

「高橋君、良い社会とはどんな社会だと思う?」

僕「ん~むずかしいなぁ…」

「簡単だよ。若い人が存分に活躍できる社会だよ。だから、僕らみたいな年寄りは君たちみたいな若い人が、活躍出来るようにするのが僕らの役割だと思う。

今は、逆に若い力を抑え込んでしまっているけどね…」

 

突然謎のやり取りから始めてしまい申し訳ございません。

最近巷で『polca奨学金』というものがなにやらムーブメントを起こしているようです。

pola? polca奨学金? 若者に学びを届ける?

と頭の中が、あやとりで大技に挑戦して、結構終盤で失敗した時くらいこんがらがっていると思うので、こっから一つずつ解説をしていきたいと思います。

ぜひお付き合いください。




そもそもpolcaってなに?

その前にクラウドファンディングってなに?

知ってるような、知らないような微妙な表情

というそもそもの前に、そもそもクラウドファンディングが何なのか?ということを説明したいと思います。

クラウドファンディングとは、

クラウドファンディング(CrowdFunding)とは、群衆(Crowd)と 資金調達(Funding)という言葉を組み合わせた造語で、

「自分の作って歌った曲をCDにしたい」「災害被害にあった図書館を復旧したい」など、

様々な理由でお金を必要としている人に対し、 共感した人が一口1,000円程度からインターネットを通じて出資し支援をする、こうしたインターネット上で多数の人から資金を募る仕組みを言います。

Readyfor HPより

とんでもなく分かりやすくまとめられているので、わかっていただけたと思いますので、polcaの話に移りたいと思います。



polcaとは?

なんだか少しわかってきたような気がする表情

先ほど紹介したクラウドファンディング。メジャーになってきたと言っても、なかなか自分で企画を立ててやろう!というのには勇気が必要です。

そこで、

お金をもっとなめらかに。お金でもっとなめらかに。コミュニケーションと共にある世界をめざして。

という、ビジョンのもと株式会社CAMPFIREが2017年7月にリリースしたサービスです。

 

といってもピンとこないなぁと書きながら思っていたら、CAMPFIRE代表の家入一馬さんのpolca設立当初のツイートが非常に良かったので、少し長いですが、そちらを引用させていただきます。

 

polcaは割り勘や送金・決済アプリでは無く、コミュニティサービスです。個人と個人で成り立つ小さなコミュニティと共にお金が流通する、優しい世界を目指しています。

 

インターネット空間はこれからも広がり続けるでしょう。一方で個人を中心とした、居心地の良いコミュニティは小さく小さくなり続けるのではないでしょうか。それを僕らは小さな経済圏と呼んでいます。身近な友人や共通の趣味などで繋がった個人同士で、時には支えあいながら生きていく。

 

身近な友人や会社の同僚、サークルの仲間、地域のつながりなど、緩やかに閉じられたコミュニティ、個人と個人が繋がり合う小さな経済圏の中で、気軽にお金を集めたり誰かを支援したりする仕組みは出来ないか?というアイデアから、ポルカは生まれました。

 

クラウドからフレンドファンディングへ。「お金”で”もっとなめらかに、お金”を”もっとなめらかに。」をビジョンに、お金がコミュニケーションと共に流通する、個人を中心とした、小さく、そしてやさしい経済圏をつくっていきます。

株式会社CAMPFIRE 代表 家入一馬さん ツイッターより

 

少し長かったですかね…

ですが、こちらの文章を読んでいただければpolcaのことを結構わかるのではないかなと思います。

 

それでは…じゃなかった!

今日はここからが本題でした。



polca奨学金ってなんだ!?

そんなpolcaの中で今、『#polca奨学金』というハッシュタグで学ぶためのお金を募るムーブメントが発生しています。

百聞は一見に如かずということで、どんなムーブメントなのか紹介したいと思います。

https://twitter.com/mekop88/status/1009458735545061376

https://twitter.com/cotsu_over/status/1009686770831613953

 

さらにそういった活動を支援する動きも。

こういった動きに対して、自分で学ぶお金くらい自分で稼げ!

そういった苦労の上での学びだからこそ意味があるのだ!

 

といった意見があるかもしれません。

 

しかしこれらのツイートにもあるように

その少しのお金で夢を諦めないで済む人が増えたり、

小さな自信を持つことができる人が増えればそれはすごく良いことだなと思います。



可能性を無条件に肯定する社会を

希望を表すいい感じの火を探し求め、実はCAMPFIREともかけているというこだわり写真

 

冒頭でも書いたように、良い社会というのは若い人たちが存分に活躍できる社会なのではないかと思います。(良い社会はいくつも考えがあるとは思いますが…)

だって、これからの世の中をつくっていくのは若い人や、今の小さな子どもたちだからです。

 

そんな可能性あふれる人たちの、可能性を無条件で肯定して、応援していける。

そんな社会は素敵だと思うし、今回の『polca奨学金』のムーブメントはそんな社会へのにおいを感じるので、たくさんの人にこのにおいを感じて頂きたくて、この記事を書きました。

少しでも、読んでいただいた方にそのにおいを感じて頂けていれば、とてもうれしいです。

 

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。

それでは今日はこの辺で。


【関連情報】

▼polcaのインストール、詳細はこちらから▼
polca HP:https://polca.jp/

株式会社CAMPFIRE:https://camp-fire.jp/

▼もっとなめらかなお金について知りたいという方はぜひ!▼

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。