「自分ができることをやる」就活ラボGATI代表 栗原峻のミナモト(後編)




あなたの周りに「なんでそんなことやってるの?」と思わず尋ねたくなるような人はいませんか?

 

お金になるわけでもない。

誰かに頼まれたわけでもない。

しんどいこともある。

 

そんな“別にやらなくていいこと”に全力で取り組んでいる人が時々います。

 

どうして彼らはそんなことに全力で取り組めるのだろうか?

ここではそんな彼らの“ミナモト”をきいていこうと思います。


記念すべき二人目は、就活ラボGATI(以下GATI)という団体を立ち上げ、

『個々の可能性を最大化する人財配置により、プリンシプルのある社会を地方から興す』

という事業をおこなったり。

『小学生&中学生の子どもたちに、遊べる・学べる・頼れる場所を提供する』

子ども未来教室を立ち上げたり。

などなど様々な“なんでそんなことを?”な活動をされている、愛媛大学院生 栗原峻さんです。

中編では、子ども未来教室を始めたワケや、活動をする情熱の源泉について聞いてきました。

それでは、後編の始まりです。どうぞ。




どうしてGATIをやろうと思ったのか?

タカハシ

ここまでGATIのことを色々聞いてきて、いまさらそれかよっていう質問していいですか?

 

栗原

いいよ。

 

タカハシ

なにかきっかけがないと「GATIを始めよう!」とか新しいことを始めようとはならないと思うんですよ。突然ビビッと来るわけでもないと思うので。

なんでやろうと思ったんですか?

 

栗原

ずっとこども未来教室をやっていて、学校とか家だけでない場所での教育。つまり、教育の選択肢を増やすということがしたくて、実際にそういうことを仕事にしたいっていう風に思っとったんよね。

院に行ってるのも、そういう勉強がしたいからだし。

 

タカハシ

そうなんだったんですね。

 

栗原

そう。で、どこにアプローチするかってなった時に、学生の就活の部分っていうのが人生で一番くらいの大きな転機になるし、自分の人生を振り返る瞬間になると思ったんよね。

 

タカハシ

転職とかは?

 

栗原

転職もあるけど、ある程度前の自分の仕事からの決まった範囲での動きが多いじゃん。

 

タカハシ

たしかに。

 

栗原

教育のスタートは生まれた時からで、死ぬまで教育は続いていくと思うんだけど、一つの大きな区切りっていうのは就活なんじゃないかなと。

GATIは思い切った決断だったのか

タカハシ

今栗原さんって個人事業主ですよね?

 

栗原

うん。

 

タカハシ

それで今後GATIを正式に会社にする。つまり起業するわけじゃないですか?

 

栗原

うん。

 

タカハシ

栗原さん的にそういう自分で会社をやるっていうのは、大きな決断だったんですか?

 

栗原

ん~あんまり思い切った決断ではないかな。

 

タカハシ

まじっすか。

▲タカハシの「まじっすか」の時の表情

栗原

うん。多分大学院に行くっていう決断が最初の決断だったんだよね。

 

タカハシ

ほうほう。

 

栗原

ずっと普通に就活をしていて、2月28日に「大学院に行くっていう選択肢があるんだ」というのを思って、その場で就活を辞めて。

 

タカハシ

え…選考中の企業は…

 

栗原

3月1日に選考中の企業全部に「辞めます」というのを伝えて。

 

タカハシ

そんなに急に進路って変わるもんでしたっけ?

▲もはや笑うしかないタカハシ

栗原

ん~きっかけは覚えてないけど…。どうだったっけ?

 

タカハシ

エスパーではないのでわからないです。

▲本気で思いだそうとしてくれましたが、無理でした…

栗原

就活をしていて面白いなという企業はあったし、選考も進んでたけど、多分子ども未来教室で食べていけたらそれが一番幸せだと思ってたんだよね。

 

タカハシ

へぇ~

 

栗原

でも、それって無理じゃん。非営利的な形で運営していたし、なんていうか想像ができなかったんだよね。

 

タカハシ

なるほど。

 

栗原

教育的な分野で食べていきたいとはぼんやりと思っていたんだけど、就活はするもんだと思っていたかな。

 

タカハシ

なるほど。

就活をやっているなかで、それだけでなく色々な選択肢を考え続けていたということですね。

 

栗原

そうだね。

ずっと色々な選択肢を考えていて、院に行こうという選択肢をたまたま気づくことができたんだと思うよ。



GATIで食っていこうと思ったワケ

タカハシ

それで「院に行く」ってなってどうしてGATIを始めようと思ったんですか?

 

栗原

きっかけは覚えてないけど、その時はエンカレッジという学生の就活を支援する団体と子ども未来教室をやっていてどっちもボランティアなのね。

だから、生活費が全然なくて。

 

タカハシ

おぉその危機的状況が新たなアイデアを生んだんですね?

 

栗原

そうかもね。

 

タカハシ

詳しく聞かせてください。

 

栗原

愛媛の学生で県内の就職と東京の就職ってどんくらいいると思う?

▲取材は美味しいビールと焼酎と共に行われました

タカハシ

ん~、東京志望の人が結構多いイメージがありますね。

 

栗原

じゃん。でも実際は東京に就職するのが10人中1人、県内が10人中4人とかなんだよね。

 

タカハシ

結構県内志望の人が多いんですね。

 

栗原

そう。

でも、結構公務員とか銀行とか自分が知ってるとこからみんな選ぼうとするんだよね。

でも、子ども未来教室の活動で愛媛のすごい魅力的な社長さんから寄付を頂いたりしていて、なんでこんなに面白い経営者がいるのに、その魅力が伝わってないんだろう?って思って。

 

タカハシ

そこのアイデアとエンカレッジの活動や自身の就活の経験があって。

 

栗原

そう。そういうのを考えたら、バイトするくらいなら自分で稼げるんじゃない?って。

 

タカハシ

へぇ~結構軽い気持ちだったんですね。

 

栗原

バイトするくらいなら、みたいな軽い気持ちだったと思うよ。

GATIのゴールは?

タカハシ

今後のGATIのゴール的なものを教えてください。

 

栗原

ゴール的なものは、県内の就活生がみんな納得のいく就活をする企業も納得のいく採用ができることじゃない?

 

タカハシ

なるほど。

 

栗原

とはいえ、学生の納得のいく就活っていうのは結構できると思うんだけど、企業の納得のいく採用っていうのは、結構難しいと思うんだよね。

タカハシ

難しいんですね…

 

栗原

だって、今って売り手市場って言われてて、学生は選べる企業がたくさんあるってことなんだよね。

でも、ということは企業にとったら選ばれないことも沢山あるわけで。

 

タカハシ

それは確かに、採用激ムズですね。

 

栗原

激ムズだよ。

だし、学生の納得のいく就活っていうのも難しいし、離職っていうのは絶対なくならないと思うんだよね。

それに、完全に納得できるっていうのも、正直無理だと思うんだけど、そこに少しでも近づけようとすることが大切なような気がしてるんだよね。

これで栗原さんとのインタビューをまとめた記事は終わりです。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

この記事に関わってくださった方は本当に素晴らしい方ばかりなので、下のSpecial Thanksからそれぞれの人のSNS等を覗いてみてください。

本当にありがとうございました!

Special Thanks

協力者

今回のインタビューにご協力いただいた方々です。

主役
栗原 峻
twitter(@sk_ktitlns)instagram(@kurihara.shun)

就活ラボGATIhttps://www.gati-navi.com/

撮影
鈴木 ひかりinstagram(@hikariri.s)

場所の提供
そらいろのたね(愛媛大学の近くのカフェです、ぜひお立ち寄りを!)

応援者

この記事の応援者になっていただいた方々です。

ほんとにありがとうございます。

佐藤康介http://Instagram.com/kosuke.48


LINE@はじめたのでぜひご登録を!▼