「別にやらなくていいことに全力を注げるか?」インタビューシリーズ企画始めます。




あなたの周りに「なんでそんなことをやってるの?」と思わず尋ねたくなるような人はいませんか?

 

お金になるわけでもない。

誰かに頼まれたわけでもない。

しんどいこともある。

 

そんな「なんでそんなことやってるの?」の人に。

僕は時々そんな人に出会います。

 

僕達大学生はどうしようもなく自由です。

夏休みと春休みはバカみたいに長くて、授業に行かなくても親にばれて怒られることもない。自分で決定できる時間の長さで言えば小学生をもしのぐとNASAが言っていました。

 

しかし、そんな自由すぎる大学生の僕らは“やらないといけないこと”を作り出して、自分の自由を放棄してなんとなく忙しい日々を選択しているようにも感じます。

 

アルバイト、サークル、課題、などなど

 

そんな誰の目からも明確に“やったほうがいいこと”で日々を埋めていく。

それは別に悪いことではありません。

 

でも僕は、誰に頼まれたでもない“別にやらなくていいこと”に全力で取り組んでいる人に、えげつない面白さを感じるのです。

そして、どうしても彼らがなんでそんなことに力を注げるのかその力の“ミナモト”を知りたいのです。



インタビュー企画始めます

そこで!

インタビュー企画『あの人のミナモトをきく』を始めることにしました。

 

企画の内容は、ぼくの周りで「なんでそんなことやってるの?」という人に、その行動のミナモトをきくというものです。

 

 

時間だけがこの世界で唯一平等なものだそうです。

それが真実であるならば、その時間の中で

 

あなたは

“やらないといけないこと”を増やすのか

「なんでそんなことやってるの?」なことを増やすのか

 

「なんでそんなことを?」なことに力を注ぐ彼らから僕らが学ぶことはきっとあるのかなぁと思います。

 

インタビューの第一弾が愛媛大学の僕の直属の先輩で、東京と愛媛の2拠点生活を送っているあの人です。

今週末か来週中にはアップしようと思うので、お楽しみに。

 

それでは今日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。