愛媛県の西予市にコケに覆われたカフェ『苔筵・こけむしろ』へ行ってきた




ある日ぼくは、ひょんな噂をある筋から入手した。

<strong>ぼく</strong>
ねりけしくん、愛媛県の西予市にコケに覆われたカフェがあるらしいぞ。
<strong>ねりけしくん</strong>
コケに覆われたカフェ?

▲ねりけしくんのイメージでござる

<strong>ねりけしくん</strong>
いやいやいや。それはうそでしょ~
<strong>ぼく</strong>
そうだよね~やっぱり噂はあてにならないな~
<strong>ねりけしくん</strong>
アニキ。

一応試しに行ってみやしょう。

<strong>ぼく</strong>
(なぜ急に極道の下っ端っぽくなったんだ。)

たしかに。じゃあ行こう!

ということで我ら一行は、愛媛県西予市にある『コケに覆われたカフェ』へ向けて出発したのである。



なぞのカフェの正体とは

松山で車をレンタルして、下道を走り続けること約2時間。

<strong>ぼく</strong>
ねりけしくん、全然コケがありそうな気配が無いんだけど。
<strong>ねりけしくん</strong>
ん~やっぱり噂は噂だったのかな~
<strong>ぼく</strong>
あっ!
<strong>ねりけしくん</strong>
控えめな目印が!アニキ目印を探して運転してくれ~

そうして2時間の松山からの道中を経て…

カフェ『苔筵(こけむしろ)』に到着!

『苔筵』の店内のようす

<strong>ぼく</strong>
これは入り口からコケだらけですごな…

よし、入ってみようか。

<strong>ねりけしくん</strong>
アニキ!危ない!
<strong>ぼく</strong>
びっくりした。どうしたの、ねりけしくん。

コケは触っても死なないから大丈夫だよ。それとも、同じ決まった形を持たない仲間として感じるところがあったの?

<strong>ねりけしくん</strong>
これこれ。
<strong>ぼく</strong>
なるほど。たしかに育てるのも手入れするのも大変そうだもんね。

気を付けないと。

という風に気を付けて進んでいくと、

ユニークな看板たちが。(この2枚目を裏っ返すと、これまた面白いことが書いてます。興味ある人は行って、見てみてください…にしし)

<strong>ねりけしくん</strong>
入り口から色々な工夫があって、自分でコケを植えまくってこの空間をつくった店主のこだわりを感じるよ~
<strong>ぼく</strong>
事前に勉強してやがる。

がらがら~

<strong>ぼく</strong>
何注文する?
<strong>ねりけしくん</strong>
おいらは抹茶とのセットで。
<strong>ぼく</strong>
ぼくは、コーヒーとのセットで。

コーヒーとのセット。コーヒーがポットに入っていて、リーズナブルすぎる。

抹茶に変に甘みがなくて、本来の味だったよ~(ねり)

<strong>ぼく</strong>
いや~水は美味しいし。

美味さのワケ

<strong>ぼく</strong>
店内はなんか雰囲気いいし。

店内で買えるふくえとくん達

これでこけむしろと読みます。ほうほう

店内からみるコケも圧巻でした



外のコケたちもすごい

<strong>ぼく</strong>
いや~満足したね。絵葉書も買ったし、帰ろっか。
<strong>ねりけしくん</strong>
アニキ、正気ですか?

僕らはまだ、苔筵の魅力のほとんどを知らないままですぜ。

<strong>ぼく</strong>
(さっきからなんでこいつは知ってる前提なんだ)

そうなの?

<strong>ねりけしくん</strong>
そうだよ。

この店の外にある、苔の景観がメインなんだから!よし、行こう~

悔しいことにねりけしくんの言う通り、カフェの外の様子は。

大量のコケに覆われていて

とても神秘的で

すごい場所に席があったり

なんか対決してたり

ブロッコリーが生えてたり

カブトムシ(偽物)がいたりしました

まさかの遭遇

<strong>ぼく</strong>
いや~ほんとにいい感じだったね。満足や~帰ろっか。

ってあれ?ねりけしくんは?

<strong>ねりけしくん</strong>
へ~そうなんですね。
<strong>お店の人</strong>
そうなんだよ~ははは
<strong>ぼく</strong>
お店の人といつのまにか仲良くなってやがる。ただのねりけしなのに。

しょうがない、話を聞いてみよう…

<strong>ねりけしくん</strong>
いつくらいから、このお店やってるんですか?
<strong>お店の人</strong>
14年くらい前かな。その前にこのコケの景観をつくるのに5年かかってるけど。
<strong>ねりけしくん</strong>
このコケの感じ人の手でつくられてるんですか!
<strong>お店の人</strong>
そりゃそうだよ。勝手にこんな風にはならないでしょ。

というか元々は、カフェなんかやるつもりじゃなかったんだよ。

このコケの景観をつくりたかっただけだったんだよね~。

<strong>ぼく</strong>
(すごい面白い話聞いてる…)
<strong>ねりけしくん</strong>
すごいですね…
<strong>お店の人</strong>
そうなんだよ。また来てね~そそくさ~(繁盛しまくってるので、次のお客さんの接客へ)
<strong>ねりけしくん</strong>
アニキ~いい話がきけやしたよ~
<strong>ぼく</strong>
まさか、カフェをやるつもりじゃなかったとは、メディアも沢山取材しているみたいだから、もっと調べてみたら面白いかもね!

そうして僕らは、松山へ2時間かけて帰っていきました。

さいごに

いかがだったでしょうか?

カフェ『苔筵(こけむしろ)』は、本当に素敵な場所でした。

店主?の方のお話も短いながらも、とても面白くてユニークでした。

苔筵に遊びに行った際には、色々聞いてみてください。

ぜひ行ってみてください~

苔筵(こけむしろ):食べログ

ねりけしくんのラインスタンプはこちらから